2017年03月06日

最近の教室 作品いろいろⅢ

チカラ・ボタンの教室には、男性の生徒さんも通われています。

一般の洋裁教室ですと、数人の女性の生徒さんの中に男性が一人…と、

肩身の狭い思いをすることがあるようですが、この教室の場合は個別対応なので、

そんなご心配は必要ありません。

メンズの皆様も毎回楽しく有意義にレッスンタイムを過ごされています。

今回は、男性の生徒さんの作品、主にデニムのリメイク作品をご紹介します。


この教室に入られた一番の目的は、デニムのリメイクだったそうです。



最近では、教室で使用しているのと同じミシンを購入するという熱心さ。

私の実感でも、確かに男性のほうが女性よりも凝り性の方が多いのです。



最初の作品はこちらのバッグです。



基本となるシンプルなトートバッグで、荷物もたくさん入って便利そうです。

いつも教室のレッスンの時によく持って来られています。


2個目はこちらのバッグ。



やはりトートバッグですが、こちらは使い勝手の良いマチ付きです。



少しずつ進歩していて、3個目がこちらのバッグ。



大きさと使う部分をちょっと変えてみました。

変則的なリメイクだったので、部分的な処理の方法が難しいところもあり、



指導している私のほうも、あれこれ考える場面がたくさんあって、楽しいものでした。

デニムコレクションがどうやらたくさんあるようなので、これからもドンドン作ってみてください。


そして最近はデニムリメイク以外にもチャレンジされています。

なんとご自宅のソファカバーを作っちゃいました!



とりあえずソファを採寸してもらって、まずはパターンを作りました。

そして選んだ生地を裁断、縫製して製作しました。



モノが大きいだけに、型紙作りも裁断も結構タイヘンなのですよ。

でも、出来上がるとやはり「オーダーメイド」と同じですから、



こんなに気持ちいいくらいにピッタリの仕上り!

綺麗に出来上がって、本当に良かったですね。

これならきっとご家族からも喜ばれますよ。


チカラ・ボタンの教室では、このように「お裁縫をやってみたい」とか、

「作ってみたいモノがあるんだけど」とか、「お直し・リメイクやってみたい」

という男性の生徒さんも大歓迎でございます。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン
  


Posted by ボタン at 19:20Comments(0)リメイクいろいろ製作教室

2016年09月26日

「うさぎマルシェ」 10月2日

大倉山のギャラリーカフェ夢うさぎさんでは、

毎月第一日曜日の午前中、恒例の「うさぎマルシェ」が開催されます。

毎回、手作りの美味しい焼き菓子や無添加のパン、新鮮な野菜、

ハンドメイド雑貨やフラワーアレンジメントなどなど…盛りだくさんな内容です。


チカラ・ボタンも毎回参加させていただいております。

10月2日(日)は、「お手持ちのセーターからあったかルームシューズを作ろう」

人気のワークショップをこっそり?限定少人数(1~2名)で行う予定です。



気に入って買ってはみたものの、なぜかいつの間にか、着なくなってしまった…

そんなセーター1枚お持ちください。

これからの季節、足元に優しくあったかなルームシューズにリメイクします。


【詳細】

日時:10月2日(日) 「うさぎマルシェ」開催日 10:00~12:00または13:00(最大で13:00まで) 

※個人のお裁縫レベルにもよりますが、大体の場合、2時間ですと片足、3時間ですと両足の分が出来上がります。キリのいいところで、退席していただいて構いません。

場所:大倉山ギャラリーカフェ夢うさぎ

参加費:2,000円 材料費込み(裏地・接着芯など)

持ち物:お手持ちのセーターなど、裁縫道具

定員:2名様(要予約)

ご用意できるお席が少ないので、ご希望ありましたら、お早目にお申込みください。

お申込みは、ギャラリーカフェ夢うさぎ 090-6163-0262(菊池)

または、yumeusagi.biz@gmail.com まで。

よろしくお願いいたします。


また、どれだけ作れるかわかりませんが、ルームシューズ完成品も販売します。

有り合せの材料で作れる分だけなので、格安で売り切ります。


更に、同日「洋服お直し無料ご相談会」も実施します。

「お直しってどんなことができるの?」「サイズ出しって何㎝くらいならできるのかしら?」

など、お直しに関するご質問やご相談を何でもお受けします。

なかなかアトリエまでは来られない方、「ちょっと敷居が高い」とお思いの方。

お見積りまでは無料ですので、お気軽にどうぞ。

もちろん、その場でお承りも可能です。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン



  


Posted by ボタン at 09:56Comments(0)いろいろ製作教室

2016年09月14日

広幅生地で作る浴衣

9月も半ばになり、朝晩はかなり涼しくなって秋めいてきました。

そういえば、今週末から連休になりますが、お天気がイマイチのようですね。

チカラ・ボタンのアトリエは、連休・祭日関係なく通常通り営業いたします。

お直し教室ももちろんやってますので、ご都合つきそうでしたらどうぞ。

※火曜日・金曜日は、定休日となります。


お客様からのお直しのお承りや製作依頼など、だいぶネタを貯めていますので、

また少しずつご紹介します。

今回は、製作のご依頼です。





はい、久しぶりに浴衣を縫いました。

と言っても、ただの浴衣ではないのです。

この生地の感じ、柄行など、何となく普通の浴衣とちょっと違うと思いませんか?



はい、実はこちらは、通常の浴衣地でなく、広幅(約110㎝幅)の洋生地なのです。



よく一般の生地屋さんの店内に並んでいる、コットンの生地です。

日本古来の浴衣地の幅は、だいたい36㎝内外です。

水彩絵の具で描いたようなプリント柄が素敵です。

ブルー系の濃淡で、暑い季節にもさわやかに着こなせそうですね。

生地の表面は、凸凹のあるサッカー地のような感じで、

柔らかでとても軽い、肌にも優しい風合いです。



私も広幅の生地で本格的な浴衣を縫うのは初めてでした。

今回は、地縫いに関してはできるだけミシン縫いでスピーディーかつ丈夫に、

縫い代の始末は、通常の浴衣のように手縫いで一針一針丁寧にくけました。



見た目には、一般的な浴衣と全く同じです。

初めての挑戦でしたが、お客様にもご満足いただけまして、嬉しい限りです。

ご依頼いただきまして、ありがとうございました!


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン






  
タグ :浴衣広幅


Posted by ボタン at 19:02Comments(0)いろいろ製作

2016年04月20日

こんなオーダーがありました。

アトリエには、お直しや修理はもちろんですが、製作依頼もよく入ります。

たいていは、洋服やバッグなどの入園用品がほとんどなのですが。


今回のオーダーは、ちょっと変わったいました。

こちらのカゴ。



自転車の荷台に取り付けて、ペットのワンちゃんを乗せるためのものだそうです。

そして、こちらのカゴに掛けるカバーのご注文だったのです。

四角っぽい直線型なので、まあそんなに難しくはないだろうな…とあちこち採寸。

いや、でもそんなに簡単じゃないぞ。

上の方が少し開いているから、その分を考慮して、折り返し分をつけて…

と設計図を作って、パターンを起こして、生地を裁断して、縫い合わせて…

出来上がりました。



よし!ピッタリ!気持ちいいね~。




お客様のご希望で、折り返しを付けて、裏側でマジックテープ止めにしました。



ワイヤーの間にきっちりと収まるように、何か所かに付けました。



折り返しを上からかぶせれば、ピタッとするので、ずれません。

底面の縫い代端は、念のためバイヤステープでパイピング処理。




お客様にもたいへん喜んでいただけました。

ありがとうございます。

どちらかというと、お裁縫より工作してるみたいでしたが、楽しいオーダーでした。


そして、先日来より、九州は熊本・大分地方で発生した大きな地震。

今現在も、かなり大きな余震が毎日のように続いて、本当に心配です。

被害を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

しかし、こんなふうに文字で書いただけで、いったい何になるのだろう…

どうすれば、少しでもお役に立てるのだろう…と数日間考え込んでおりました。

そんな矢先、アトリエにみえたお客様から、ちょっと嬉しいお言葉をいただきました。

詳しいことはちょっと書けませんが、そのおかげで気持ちがすごく上向きになりました。

やっぱり自分は「お直し屋」です。

これからもこの「お直し」という仕事で、少しでも皆様のお役に立てるように努めてまいります!


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン





  


Posted by ボタン at 19:08Comments(0)いろいろ製作

2015年02月18日

コートのライナー製作

またまたコートネタで引っ張ります。

今回は、コートのライナーを新たに作って欲しいというご依頼でした。

こちらのコートが本体です。



写真の撮り方が下手なのでわかりにくいのですが、

表地はシルク素材の黒無地で、冠婚葬祭用に着られるそうですが、

このままだと、真冬はちょっと寒いので、ライナーがあればということでした。



衿なし・袖なしで、ベストの丈を長くした形…

要所要所を測って、ザクザクっとパターンを引いてみました。

ライナーの素材は、中肉のウール地を選びました。



写真がわかりにくくて、すみません。

布端は、ほつれないように全てパイピング仕様で仕立ました。



取り外しは、ボタン留めでパイピングと同じ素材でループ仕様です。

はずれにくいように、気持ちボタンより小さめのループにしました。

最初のうちは留め外しがしづらいかもしれませんが、

着用中にはずれにくいという安心感を重視しました。



前見返しの辺りは、丸型のカットにしました。



袖ぐりの辺りは、こんな感じにしてみました。

ライナーそのものを新たに作るという仕事は、今までやったことがないので、

若干の不安がありましたが、思ったより上々の出来じゃないかと思います。

お客様にもたいへん喜んでいただけました。

いつもありがとうございます!


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン


  


Posted by ボタン at 18:40Comments(0)いろいろ製作

2013年10月05日

コラボ帽子できました!

私の本職は、もちろんお直し屋ですが、趣味で時々刺繍もやってます。

しかし今回は趣味でなく…

帽子工房Musetteさんとのコラボ作品で、ベレー帽を作りました。



私は刺繍を担当し、全体のデザインと製作は、Musetteさんです。

いかがですか?

どれももちろん、ハンドメイドの1点ものばかり。

どの面から見ても刺繍がわかるように、柄を配置するのが意外と難しい…



でも基本的には自分の好きな色・デザインでしたので、とても楽しくできました。

Musetteさんは、キャリア10年のベテラン帽子作家さんです。

今回ご紹介した他にも、素敵な帽子をたくさん作られています。

かぶりやすく、素敵なデザインなので、たくさんのファンがいらっしゃいます。

また、一人一人のサイズに合わせて、オーダー製作もしてくれますよ。

新横浜、横浜アリーナのすぐ近くに工房を構えて、いつも製作に励んでいます。

Musetteさんのサイトは、こちらへアクセスしてみてください。


横浜・菊名の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン  
タグ :帽子刺繍


Posted by ボタン at 00:03Comments(0)いろいろ製作

2013年03月08日

バッグ製作

お直し仕事の傍ら、時々洋服や小物のオーダーもお承りしています。

基本お直し屋なので、製作物はお時間をいただいています。

今回は、お客様のお手持ちの生地でバッグ製作のご依頼でした。



その生地はこちらです。

とてもきれいなブルーのお花が、刺繍のように織り込まれた生地です。

お見本のバッグをお預かりしたのですが、

お花の柄が大きく、一方に向きがあるので、同じ形にはできません。

まずお花柄のいいところを活かすことを第一に考えて…

出来上がったのがこちらです。



持ち手もお客様にご用意いただいたものをお付けしました。

実はこのような持ち手を付けるのは初めてでした。

なので最初は付け方がわからず、知り合いの手芸屋さんに聞いたりして。

ミシンでも縫い付けできるみたいでしたが、今回は手縫いで対応しました。

もちろん返し縫いで、しっかり丈夫に付けましたよ。

周囲の辺には、コバステッチを入れてシャキッとさせてみました。

サイドは、



やはりお花を入れて、上部をちょこっとミシンしてへこませました。

自分的には、「なかなかいい感じ」にできたと思います。

お客様にも喜んでいただけたようで、ホッとしました。

ありがとうございます。

たまにはこんなお仕事も楽しいものです。


横浜・菊名の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン





  


Posted by ボタン at 23:17Comments(0)いろいろ製作

2012年11月08日

どこでもポケット 冬版

あれっ、またすいぶん更新サボっちゃったな…

今年はいつまでもダラダラと暑かったせいもあり、何かイマイチと思っていたら、

ここへ来て急に寒くなり、お直しも急に忙しくなってきましたよ。


先週ですが、私の代表作「どこでもポケット」新作を納品しました。

今回は、冬バージョンです。



本体はウール地で、合皮でパイピング。

これなら男性用にもできるかも。



今回作った中では、私の一番のお気に入り。

冬といえば、やっぱり編み込みニット。

トナカイ柄は、クリスマスプレゼントにもお勧めです。



ちょっとおすましな別珍素材。

自慢のボタンコレクションの中から、ゴージャスなボタンをチョイス。

全体をもっとデコレーションしようかと思いましたが、

お使いになる方が、アクセサリーなどでデコってもらったほうが、

きっと楽しいだろうな、ということでわざとひかえめにしました。



ジャージー素材のキルティング地で作りました。

見た目にもあったかでしょ。


今回の作品は、どれも素材にこだわって作りました。

気になる方は、妙蓮寺の路地裏のTOMY工房さんでお手に取ってご覧ください。

こちらでは、お直しのお取次もできます。

日時をご予約いただければ、私が実際に出向いてお承りもいたします。

よろしくお願いいたします。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン


  


Posted by ボタン at 23:41Comments(0)いろいろ製作

2012年09月22日

ちょこっとだけお見せします

子供の頃から刺繍をするのが大好きです。

でもあくまでも、私の刺繍は自己流だし趣味として続けているだけで、

これを仕事にしようとは、あまり考えていませんでした。

でも今回、お友達の帽子作家の帽子工房Musetteさんからのご提案をいただいて、

Musetteさんの帽子に、私が刺繍をするというコラボ商品を企画・製作しました。

既に私の刺繍は終わっているので、あとは帽子を仕上げていただいて、

撮影&ネットにアップというところだと思います。

まだ全部を詳しくご紹介できませんが、ほんのちょこっとだけ、



こんなのとか、



とか、



などなど・・・

Musetteさんのネットショップにアップされる予定です。

もうしばらくお待ちください。

Musetteさんの帽子は、エレガントなデザインもあり、可愛いデザインもあり、

また、オーダーも承っていらっしゃいます。

サイズにお困りの方は、ぜひご相談されてみてはいかがでしょうか。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン







  
タグ :帽子刺繍


Posted by ボタン at 23:36Comments(0)いろいろ製作

2012年08月27日

どこでもポケット忘れてた~

土日曜日は、予定通り厳しい残暑の中、お祭りに参加してきました。

日中は、もうとにかく暑くてだいぶグッタリしてましたが、

日が陰ってからは、お祭りのお客様がたくさんいらっしゃって、大賑わい。

今回用意した作品も、ほとんど完売してしまうほどの久々の快挙でした!

自分でもびっくり、夏祭り恐るべし。

日々の仕事もこなしながらのイベントだったので、ちょっとキツかったのですが、

とても楽しく、気持ちもリフレッシュした2日間でした。

ごいっしょしたTOMY工房さん、Lapuaさん、そしてサポートくださった皆様、

もちろん遊びに来てくださったお客様、本当にありがとうございました。


それから、写真撮りをして納品したものの、アップするのを忘れてました。

どこでもポケットの新作、ここでご紹介しておきます。



手ぬぐいのハギレをパッチワーク風につなぎ合わせた作品と、

海モチーフ柄のサッカー地で作ったもの。



お洋服に使うレース地でドレスアップしてみました。

ボタン選びにもこだわって作りました。



オレンジ系の花柄は、お洋服を明るく見せてくれます。

ボーダー柄は、フタと本体でネガポジっぽくしてみました。

いずれも、裏側に安全ピンが付いているので、お洋服や布バッグなどに

留めて使えますし、フタ付きなので、そのままポーチとしても使えます。

妙蓮寺の路地裏のTOMY工房さんで、販売しております。

どうぞ、お立ち寄りくださいね。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン


  


Posted by ボタン at 23:25Comments(0)いろいろ製作

2012年07月26日

手ぬぐい甚平の新柄

今日は、本当に暑かったわ~。

いつもパンツスタイルがほとんどですが、今日はパンツ(下着じゃないよ)を穿く気になれず。

めずらしくワンピースで、ヒザ上丈のスカートスタイルで外出しました。

梅雨明け後の日差しは半端じゃないので、日傘が最近のマストアイテムです。

真夏は、お直しのご依頼も少なくなりますので、今日はあちこち外回り。

それにしてもあまりの暑さに、倒れそうなくらいでした。

よくよく考えてみたら、昼から一度もトイレに行ってないし。

も少し水分補給しないといけないのかな、気をつけなくちゃ。


「手ぬぐいで作る子供用甚平」新柄で2着作りました。



うん、やっぱり可愛いなぁ^^

女の子用がなかったので、今回はこんな柄で。



愛らしいピンクのうさぎちゃんと、



さわやかなブルーの朝顔。

手ぬぐいって、浴衣地に似てますけど、お洗濯後の乾きは、

手ぬぐいのほうが、ずっと早いような気がします。

たぶん手ぬぐいの繊維が空気をたくさん含んでいるので、

早く乾くし、風合いも柔らかなんじゃないのでしょうか。

最近気がついたんですけどね。

新柄2着は、おなじみの妙蓮寺 路地裏のTOMY工房さんに納品しました。

お直しのお取次もやってますので、お気軽にお問い合わせください。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン  


Posted by ボタン at 23:34Comments(0)いろいろ製作

2012年07月09日

夏のルームシューズ

だいぶ暑くなってきましたが…、やっとこさ、仕上りました。



お待たせ、夏用のルームシューズいろいろ。

ストラップ付も作りましたよ。



中敷がタオル地なので、素足にさっぱり気持ちよく履けます。

ベタつくフローリングの床とか、お風呂上りなどにいいですよん。

子供(ベビー)用もあります。



ママとお揃いで、プレゼントにも最適です。

妙蓮寺の路地裏のTOMY工房さんに納品してきました。

気になる方は、ぜひ遊びに行ってみてください。


これから夏場は、あんなに忙しかったお直しも、何て言うか、農閑期になります。

なので、こんな小物作りなどなどで、何とか食い繋いでおります。

ご好評いただいております、お直し教室ももちろんやってます。

手ぬぐい甚平さんの教室も、ご希望あればまたやろうかな~。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン


  


Posted by ボタン at 23:50Comments(0)いろいろ製作

2012年06月21日

手ぬぐいで作る子供用甚平と手さげ

だいぶ暑くなってきたので、また今年も手ぬぐいを触りたくなりました。

昨年も作って好評だった子供用甚平と新作の手さげ袋。

妙蓮寺の路地裏のTOMY工房さんに、今日納品して来ました。


子供用甚平は、上着とパンツのセットです。



サイズは、90cmで1~2歳用になります。

上着は手ぬぐい2枚、パンツは1枚で作れます。

最近ブログの検索キーワードに、手ぬぐい・子供甚平が多くなってきました。

早くアップしなきゃと思っていたのですが、やっとできました。

お店では、お手持ちの手ぬぐいでお仕立するオーダーも承ります。

オリジナルの贈り物としても喜ばれます。

それから、こんなのも作りました。



やはり手ぬぐいから作った手さげ袋です。

上の赤い紐を結んで、持ち手の幅をお好みに調節します。



このように持っていただきます。自分で撮ると難しいわ…

ただの袋物に見えますが、この手さげの特徴はー

ミシン目を全てほどくと、元の一枚の手ぬぐいに戻ります。

手さげにあきてしまったら、ほどいちゃってください。

そのまま手ぬぐいとして使ってもよし、ふきんやハンカチにしてもよし。

もちろん、手さげのままバッグに入れておいて、汗拭きに使っても◎


TOMY工房さんでは、私のお洋服のお直しも取次いただいております。

アトリエにお越しになれない方、お時間のご予約ができないという方は、

ぜひこちらもご利用ください。

※私はお店に常駐しておりませんので、ご了承ください。

雑貨+古着リメイク+童画の店 路地裏のTOMY工房

TEL/FAX 045-479-6289 12:00~19:00不定休

6日間のレンタルスペースのサービスもやってます。

とっても楽しいお店です。ぜひお立ち寄りください。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン





  


Posted by ボタン at 23:32Comments(2)いろいろ製作

2012年01月17日

あったかルームシューズ

いやいや毎日本当に寒いですね。

ファッション業界は、年が明けたらすぐに春物になるんでしょうけれど、

私的には、連日のこの寒さ、とても無理です。

それで、今更たいへん遅まきではございますが、

冬物のあったかルームシューズを作ってみました。



外側は、今までと同じ感じですが、内側は、オールボアの生地を使いました。



見た目では全くわからないのですが、このボアはリバーシブルです。

だからもう、フッカフカのフワッフワですよ!

素足で履くと、幸せな気分になれます。

他にも2柄、それぞれM・Lの2サイズあります。

作品は、妙蓮寺の路地裏のTOMY工房さんに納品しました。

リメイク物や可愛いアクセサリーなどとっても面白いお店です。

お時間ございましたら、ぜひお立ち寄りくださいませ。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン  


Posted by ボタン at 23:02Comments(2)いろいろ製作

2012年01月04日

簡単アームウォーマー

あけましておめでとうございます。

今年も(できるだけ)頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします。

お正月になると、すぐにあちこちのお店で、セールが始まりますね。

私も今日出たついでに、行きつけのお店にちょっと寄ってみたのですが、

あれ~いつの間にかお店がなくなってる。全く別の洋服屋さんになっていました。

そういえばここ1~2年、よくこういうことがありませんか?

景気の低迷が原因かしら、ショッピングモールのお店がコロコロ入れ替わります。

結局あまり買う気もなくなってしまい、何も買わずに帰って来ました。

仕方がないから、昔の服でもまた出して着ておこうっと。

こうなると、今後ますますお直しの需要が高まるかも…期待半分。


編み物は最近あまりやらないのですが、これだけはほぼ毎年作ってます。



洒落た言葉で言うとアームウォーマー、まあ手袋みたいなもんです。

でもこれ、見た目よりずっと暖かくって便利で、しかも簡単に作れます。

私の母からも大好評の超ロングセラー商品で、もう10年以上作り続けています。

(あくまでも身内だけのロングセラー、外で販売はしてません。)

笑っちゃうほど簡単で、真ん中あたりに小さく穴を空けて、四角く編みます。



これを筒状に綴じるだけ。



お恥ずかしいほど簡単でしょ。



手袋みたいにいちいち外さなくても、お財布のお金の出し入れができます。

上下左右を全く気にしなくても大丈夫。ズボラな人にピッタリ。

すごーく寒い時は、上の空いてるところから反対側の手先を突っ込んじゃいます。

ブログで紹介するほどでもなかったかな。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン
  


Posted by ボタン at 23:33Comments(2)いろいろ製作

2011年10月24日

切りじつけ

久しぶりにウールのスカートを作りました。

といっても自分のものではなくて、お友達のお母様からのご依頼でした。

3年ほど前にも何枚かお作りしたのですが、今回も同じデザインで数枚作ります。

よほどお気に召していただけたようで、うれしいです!

パターンは残っていたので、まず生地を裁断し、印をつけます。



このようなウール素材の場合は、切りじつけという方法を使います。

しろも(しつけ糸)を2本取りで、間隔を開けて2枚重ねてちょこっとすくいます。

すると、写真のように草がはえているような感じになります。



次に2枚の生地の間にハサミを入れて、チョン!と切ります。

この時、糸足をできるだけ短くするのがポイントです。

そしたら、今度は上の生地に残っている糸も短くカットして、



アイロンで押さえると、糸の先が開いてお花が咲いたようになります。

こうなると抜けにくくなるので、これが大事な大事な印となります。

糸の端を長く残してしまうと、かえって抜けやすくなるので注意します。

ちょっと手間のかかる作業ですが、時々これをやるとなぜか逆に癒されます。

綿素材やざっくりしたデザインの服だと、切りじつけはしませんが、

ウール素材でちょっと凝ったデザインの場合は、必ずやります。

ちなみに、今回作ったスカートは、



ピンタックが何本もあるフレアーシルエットの洒落たスカート。

実物はもっと素敵なのに、写真が上手に撮れません…


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン

  


Posted by ボタン at 23:36Comments(0)いろいろ製作

2011年09月10日

復活!どこでもポケット

「歴史は繰り返す」でもないけど、数年前によく作っていたどこでもポケット

なかなかよく売れていたのですが、いつの間にか作らなくなっていました…

先日のガレージセールに残りの在庫を持って行ったところ、思いがけないご好評で。

「お、これはまたいけるかな?」ということで、復活しました。



以前よりも素材や色柄を豊富に、作りもしっかりさせてバージョンアップしました。

ところで、なぜ「どこでもポケット」かというと、



このように裏側に安全ピンが付いています。

ポケットのないお洋服やニットや布のバッグなど、どこにでも付けられるので。

今回は全部フタ付きなので、ポーチとしても使えます。



ストライプとか、水玉のコンビとか。



シックなモノトーンチェックとか、なんかAKBっぽいタータンチェックとか。



ちょっとセクシーな黒のレースとか。



これは、以前にも作ったことがある私のイチオシです。

全体は、綿麻のナチュラルテイストですが、ボタンホールをよ~く見てください。



おさかなのボタンホールです。もちろん手かがりです。

上記の作品は全て、妙蓮寺の路地裏のTOMY工房さんに納品しました。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン
  


Posted by ボタン at 22:20Comments(0)いろいろ製作

2011年08月11日

脱げないフットカバー

もう夜中だっつうのに、暑いわ~。

なんか、さっきからずーっとセミも鳴いてるし…今日も熱帯夜です。

しかし、こんな時でも、新作に取り組んでおります。

女性は夏になると、よくフットカバーをお履きの方がいらっしゃると思います。

靴の中に履く、靴下の先のほうだけみたいなアレです。

私も履くのですが、たいてい歩き出して間もなく、カカトのほうから脱げてしまいます。

私だけかと思っていたら、他にも困っている人が結構いるみたいです。

それで私の場合は、市販のフットカバーは、買ってきたらまず、

ストレッチタイプの細いレースを輪にして、カカトに縫い付けてストラップのように

足首に通して履いています。これなら脱げないので。

元々ストラップ付で売っているのもありますが、ごく僅かで、デザインもいまいちです。

そこで、やっぱり作っちゃいました。



モデルが私のぶっとい足で、すみません!

自分で撮ると、角度とか難しいのよ。(足の太さとは関係ありません)

でもこれなら、脱げません。イライラから開放されます。



カカトの上にループが付いているので、これにストラップを通します。

ストラップは、ゴム入りでノビノビ、スナップで留め外しができます。

更に、



リバーシブルになっていますので、お洋服に合わせてチェンジできます。

もちろん、ストラップなしでもOKですし、

お手持ちのリボンやレースなどを通してもいいですね。

お部屋の中で、ルームシューズとしても使えます。

私もさんざん試着しましたが、これがまた不思議なことに、

ストラップなしで履いても、全然脱げてこないんですよ!

パターンのせいか、素材をたっぷり使っているせいかわかりませんが…

まあ一度履いてみてください。損はさせません。



昨日、妙蓮寺の路地裏のTOMY工房さんに納品しました。

それから来週になりますが、大倉山の花屋&カフェ ラ・プティフルールさんの

手作りマルシェにも持って行きます。

8月16日(火) 10:30~12:00 の1時間半ミニイベントですが、

お時間ございましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン









  


Posted by ボタン at 00:04Comments(2)いろいろ製作

2011年07月15日

手ぬぐいから子供用甚平 オーダー編

ご好評いただいております手ぬぐいから作る甚平さん、今回はオーダー作品です。

材料となる手ぬぐいは、私の予想と違って3枚とも違う柄でした。



上着用には、この2柄、星座の柄と花火の柄です。

このままインテリアとして飾っておいても素敵ですが、より素敵に加工しなくちゃね。

2つの柄を効果的に活かすためには、どう配置すればいいかを考えます。

そしてパンツには、こちらの柄で。



これはまたちょっとユニークな柄です。波にサッカーボール。


そして、出来上がったのがこちらの上下のセットです。



上着の上前身頃には、ウサギの柄を配置しました。

下前身頃とお袖に、花火がチラッとのぞいています。

上着の後身頃は、こんな感じになりました。



猫ちゃんが夜空を見上げています。

パンツ単品はこちらです。



これならTシャツに合わせても着られますね。

柄の出し方にアタマを遣いましたが、楽しい作業でした。

お客様にも喜んでいただけたそうで、ありがとうございます。

手ぬぐい甚平さんは、妙蓮寺の路地裏のTOMY工房さんで販売・オーダーもお承りしております。

そして、作り方のお問い合わせもあるようなので・・・

アトリエにて、このたび「手ぬぐいから作る子供用甚平」の教室を開設しました。

こちらもよろしくお願いいたします。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン





  


Posted by ボタン at 23:19Comments(2)いろいろ製作

2011年07月03日

手ぬぐいから子供用甚平2

最近暑くなってきたせいか、先日アップした「手ぬぐいから子供用甚平」の記事が、

すごいずば抜けたアクセス数で、びっくりしています。

皆さん結構興味があるのでしょうか。

今日はその第2弾。

でも、実は出来上がったのはだいぶ前のことで…

暑さにかまけてちょいちょい更新をサボっています。

前回と同じく、妙蓮寺の路地裏のTOMY工房さんに納品済です。



まず、伝統的な「麻の葉」の柄です。



この柄は、無限に続く柄であることから、子供の健やかな成長を願って、

浴衣や着物に多く用いられた柄だそうです。

古典的な柄ですが、小さなお子さんをより可愛く見せてくれると思います。

それから、



季節感たっぷりの「波に千鳥」の柄も作りました。



手ぬぐいのこんな季節感が大好きです。


パンツは、パターンに曲線が多く、お洗濯にも耐えるように、全てミシン縫いです。

上着のほうは、地縫いは丈夫にミシン縫い、裾や袖口の処理は手ぐけにしました。

全てミシン縫いにしたほうが、もちろん丈夫ですし、製作時間も短くてすみます。

ミシンで三つ折ステッチにしたほうが、縫い目だって揃います。

それでも、少しでも和裁に携わった私としては、手ぐけにこだわります。

不揃いな手ぐけの縫い目には、何とも言えない優しさがあります。

その昔、日本のお母さんやお婆ちゃん達は、たとえば夏祭りに合わせて、

夜なべしてでも、子供に浴衣を縫ってあげていたそうです。

そんな作り手の優しさをちょっとでも感じてもらえれば…

あと、結び紐の縫い付け方、男の子は縫い目を下に、女の子は縫い目を上にします。

こんなことにも実は意味があるのです。

日本の文化ってすごいよね。

微力ながら、少しでもこの文化を伝えていきたいと最近思っています。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン

  


Posted by ボタン at 22:44Comments(0)いろいろ製作