2010年05月31日

自宅教室 今日はリメイク

私の自宅周辺では、月曜日が資源ごみの収集日。

先週雨で出せなかった新聞紙の束と、紙袋に入った紙ごみを下げて、

自宅マンションの階段を降りていたら、新聞の束のあまりの重さにバランスを崩して、

あ~っ、階段を踏み外してしまいましたface08

5段くらい階段をころげ落ちて、したたかお尻を強打icon08してしまいました…イタタタ…

おかげで、ミシンをかける時に椅子に座るのも、おっかなびっくりです。

そして、今さっき気がついたのですが、どうやら足首もちょっと捻ったみたいです。

朝っぱらからなんてこった。。


でも今日は、楽しみにしていた自宅教室の日。しばし痛みは忘れて、頑張るぞ~。

こちらの生徒さんには、お洋服のお直しを主にレッスンしているのですが、

今回は、前回に引き続き、お手持ちのお洋服のリメイクです。



濃紺のブラウスの両脇に、ボーダー柄のカットソーからとったマチを入れています。

布帛とニット素材の縫い合わせなので、ちょっと難しいかなと思いましたが、

丁寧なお仕事で、とってもきれいに仕上がりましたicon12

マリンテイストがプラスされて、これからの季節にもぴったりです。

今回もとっても楽しい教室でした!お疲れ様でした~。


皆さんも着なくなってしまったお洋服、たくさんしまっていませんか?

ぜひ、お直し&リメイクで、リフレッシュさせましょう^^



  


Posted by ボタン at 22:44Comments(2)教室

2010年05月27日

チェックのジャケット

お得意様からお預かりした、ジャケットの肩幅つめが出来上がりました。

春夏もののカジュアルなチェック柄です。

洋裁をかじったことのある方ならおわかりと思いますが、チェック柄ってちょっと難題なんですicon10



肩先を少しつまんで…袖ぐりのあたりの柄合わせ、うまくいきました!

こんな場合は、私って天才じゃないの?と自分にホレボレします^^

それから、春夏ものは、



縫い代の端が、このようなパイピング始末になっていることがよくあります。

更に、肩パットも



パイピングになっています。

肩幅つめた分、パットも少し削ぎ落としました。

おかげさまで、お客様にもご満足いただけました。よかった~。







  


Posted by ボタン at 23:52Comments(2)お直し

2010年05月23日

いただきもの。

久しぶりに、私と同じマンションにお住まいのお得意様、S様よりご依頼があり、

早速おうかがいして来ました。

お袖のお直しと簡単なリメイクのお仕事をいただきました。いつもありがとうございますface01

そして更に、今回はたくさんのお宝をいただきました。



箱にいっぱいのボタンをいただきました。

写真のボタンは、いただいたうちのほんの一部です。

まるでジュエリーのように優雅なデザインのものや可愛いお花の形などなど…

自分も名乗っている通り、私はボタンが大好き!

ながめているだけでもわくわくしてきます。



これもたくさんいただきました。よくお洋服を買った時に付いている「おともぎれ」

私のようにお直しの仕事をしている者にとっては、とてもありがたいのです。

修理や生地のつぎ足しをする時に、なかなか合う生地がないとが結構あって困ります。

これは、ほんとに助かります。



そしてこんなものもいただきました。「ガロンレース」って何?

なにやらレトロな手芸材料のようですが…

調べてみたところ、お着物の袖口や裾廻りの傷みを防ぐために付けるものらしいです。

恥ずかしながら、和裁を勉強してきたにもかかわらず、初めて知りました。

今でも大きな手芸屋さんなどで、販売されているそうです。

またまた、わくわくしてしまいました。

いただいたボタンやこのレースで、近頃めっきりご無沙汰のリメイクでもしようかな~

たくさんのお宝、本当にありがとうがざいました!









  


Posted by ボタン at 12:45Comments(0)その他

2010年05月17日

デザ・フェス行って来たけど…

先週15日の土曜日に東京ビッグサイトで開催されたデザインフェスタに行ってきました。

前回は、出展者として参加していたのですが、今回は諸事情ありまして、見送りました。

仕事が終わってから行ったので、ほんの2時間くらいであの広い会場とたくさんのブースを

見て回らなければいけないので、すごくicon16駆け足のバッタバタでした。

とりあえず、行かなきゃいけない知り合いのブースへは、なんとか行けました。

久しぶりにお顔を見る人達もいて、会話も盛り上がりましたface02

ところがー、

せっかくカメラ持って行ったのに、すっかり撮影するのを忘れていて…

バカだね~

ご紹介できる画像が、まったくありません…


代わりに、当日私が着て行ったお洋服でもアップしときまする。



ユ○○ロでずいぶん前に買った綿のカーディガンに、アップリケ。

生成りの綿糸で編んだお花のモチーフをところどころに散らばしてみました。



B面にも付けたよ~

バッグを斜め掛けするので、かぶらない位置に付けました。



モチーフのアップです。

余った糸で作っておいたら、こんなふうにお役に立ちました^^




  


Posted by ボタン at 16:16Comments(0)その他

2010年05月12日

コートの袖口すり切れたら

すり切れ&破れ直しが、非常に多い今日この頃です。

このブログでも、もう何回かこういったお直しの情報をアップしてきました。

今回は、コート特にバーバリーなどの薄手のビジネスシーン向きコートの袖口が、

腕時計などですり切れてしまった場合のお直しの方法です。



袖口の部分が、直線的にすり切れてしまっています。

こんな場合は、ミシンタタキ修理するよりも、縫いこんでしまった方が、早くてきれいです。



袖口内側の縫い目に、すり切れた部分は縫い込まれています。



拡大してみるとこんな感じです。

縫い目の際をコバミシンで、おさえてやると落ち着きます。



袖丈は、若干短くなりますが、表から見た分には、何事もなかったように仕上ります。

以前にアップしたスラックスの脇ポケットのすり切れ直しと同じような方法です。

これも結構お客様から喜ばれるお直しの一つです。

  


Posted by ボタン at 22:15Comments(0)お直し

2010年05月09日

制服のスカ~ト

この時期、結構多く入るのが、学生服のお直しです。

特に、女子中高生の制服のスカート丈つめ。

オジサマ達の大好きな?チェックのプリーツスカート。



プリーツの本数が多いと、それだけ処理する距離も長くなるので、時間がかかります。

裏側の縫い代の端は、こんなふうに三角にまとめてあることが多いです。



今回は、出来上がりスカート丈が40cm近くあったので、そんなに短くはなかったのですが、

時々、こんなに短くしたらパ○ツ見えちゃうんじゃないのかな…いいのかな…

なんて、余計なお世話なことを心配してしまう、古いタイプの人間です。

  


Posted by ボタン at 22:29Comments(0)お直し

2010年05月05日

お仕事で終わった連休でした。

ゴールデンウィークもいよいよ今日が最終日でした。

今日は、お得意様のお宅に、お直し仕上りのお洋服をお届けに行って来ました。

連休中は、ずーっといいお天気icon01でしたが、本日もまた晴れ。

私は、健康のためできるだけ、外に出たら歩くようにしていますが、

今日の日差しは、ちょっときつかったですね。帽子を持って行って正解でした。

そして帰宅後は、またまたご注文のお直し作業です。



レディースのパンツのお直しで、最後の仕上げにループを付けます。

裏付きのパンツは、このループで裏地と表地の裾を留めます。

このループが付いていないと、脱いだ時に裏地がデレーっと出てきてしまいますので、

必ず忘れずに付けてあげましょう。

さ~て、あともう1枚頑張るぞ~。

結局この連休は、ほとんど毎日お仕事で終わってしまいました。

ほぼ毎日、自宅のアトリエ(っていうと聞こえがいいのですが、要するに作業場です)で、

J-wave毎日聞きながら、ひたすらミシンかけ…。

で、頑張った自分にご褒美でもないけど、前々から気になっていた「天使のチョコリング」

帰りにトレッサに寄って、やっぱ買って来ちゃいました。



こんなに一人で食べられるかな?と思っていたのですが、

予想以上にフッカフカで、もうこんなに食べちゃった…。


でも、お洋服のお直しは、時期的に今が最盛期。暇じゃ困っちゃいます。

何より、この不景気なご時世に、こんなにお仕事いただけて、ありがたいことです!










  
タグ :ループ


Posted by ボタン at 22:02Comments(0)お直し

2010年05月03日

肩幅つめ、こんな方法も。

お得意様のH様よりお預かりした、デニムジャケットの肩幅つめです。

通常、肩幅つめる場合は、肩先でつめる分量をけずるのですが、

このジャケットの場合は、ちょうど肩先にテープの飾りが縫い付けてあります。

このままつめると、とってもバランスが悪くなってしまいます。

かと言って、テープをいったんはずして移動させると、跡がありありと残ってこれも×



考えた結果、肩線の途中でダーツをとってつめることにしました。

肩以外の場所にも似たような処理がされているので、違和感は全くありません。



後ろ側から見るとこんな感じです。

お直しは、臨機応変な対応が求められるので、少しでも多く経験を積んで、

引き出しをたくさん持っていたいものですface01
  
タグ :肩幅つめ


Posted by ボタン at 21:56Comments(0)お直し