2010年12月30日

カフスのすり切れお直し

いよいよ今年も残りあとわずか…となりました。

大掃除も何もできないまま、やっぱりぎりぎりまでお仕事になりそうです。

今日もお仕事で使うファスナーとか、ホックとか、糸とかの買出しに。

でも、後から2点ほど買い忘れが発覚!明日も行くことになりそうです。

バッタバタのまま今年も終わっちゃいそうですね~。


先日は、アトリエにまたご新規の男性のお客様がいらっしゃいました。

今年は、何名様か男性のお客様がみえました。ありがとうございます!

初めてにもかかわらず、何枚もお仕事をいただきまして、感謝です。



お直しの大半は、このようなワイシャツの袖口カフスのすり切れでした。

他の部分は無傷なのですが、腕時計などで、同じ部分がすり切れてしまいます。

カフスの先の部分を少しだけ縫い込んであげると、きれいに再生できます。



カドのところはミシンが入らないので、細かく手でまつって仕上げます。



このお直しは、とても需要があるので、今までに何枚も手がけましたが、

シャツのメーカーによって、それぞれ縫製の仕方も微妙に少しずつ違っています。

同じようなお仕事をしても、毎回勉強になるのが、お直しの面白いところです。

今回もまた、勉強になりました。ありがとうございました。


さて、このブログを始めてから、ちょうど1年が経過しました。

文章も写真もいまだに下手くそですが…

にもかかわらず、始めてからのトータルで、8,500ものアクセスをいただきまして、

本当にありがとうございます。うれしいです!

来年は、もう少し余裕を持ってお仕事できれば、と思っております。

お正月はどうやら寒波到来のようですが、皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

あ~っ、年賀状書いてない!たいへんだ~!

これじゃ当分、余裕なんてできそうにありません、トホホ…。




  


Posted by ボタン at 19:19Comments(2)お直し

2010年12月25日

ニットジャケットの着丈つめ

メリークリスマスicon12でございます。

昨日も今日も仕事に追われているうちに、さらっと過ぎてしまいそうですが…icon10

それにしても、今日はほんとに寒い一日でした。


先日お得意様からのご依頼で、ニットの着丈つめをやりました。



これが、元の写真です。オープンファスナーの付いたニットジャケット。

裾の幅広のリブがどうにも気になって、着られないとのことでした。



確かにこれだけのリブですと、裾がかなりすぼまるので、着こなしにくいかもしれません。

そこで、リブよりかなり上の位置まで、着丈をつめました。



ニット製品の丈つめは不可能と思われている方も多いと思いますが、できます。

もちろん、元と全く同じ状態にはできませんが、つめても支障はありません。

今回手がかかったのは、前のオープンファスナーです。

ファスナー下でカットすることができないので、いったん取り外して、上の方をカットして、

着丈をつめた本体に付け直します。

特に上前は、リブとメリヤスという伸び率の違う編地にファスナーをはさみ付けするので、

これは難しいぞ~と覚悟を決めて取り掛かったのですが、

実際は、サクサク一発できれいに取り付けることができました。

これはきっと、自分の技がアップicon14したってことだわ、と自分をちょっとだけ褒めてやりました。



後姿もすっきりしました。

えっと、年内あと1回くらいは、更新しようと思っています。





  


Posted by ボタン at 22:19Comments(0)お直し

2010年12月21日

12月の手作りマルシェ終了

今年最後のミニイベント、手作りマルシェに出展してきました。

寒い中、また年末のお忙しい中、お越しいただきまして、ありがとうございました!

今回持って行った新商品は、こちらのルームシューズブーツタイプ。



足首の部分は、そのまま伸ばしても折り返しても、履くことができます。

厚手の靴下の上に履くこともあろうかと、今までのタイプより若干ゆったりめです。

中敷はもちろん、フリース素材を使っていますので、軽くてあったかです。

ふんわかしていますが、ほどよいフィット感もお楽しみいただけます。

綿とポリエステルが主素材で、もちろんしっかりした縫製ですので、お洗濯もOKです。

底面もドミット芯貼りで、やわらかですので、履いたまま正座ができます。



他にはこんな柄もありました。

何度も何度も試作を重ねて、やっとこのパターンが出来上がりました。

イベントは本日限りで終わってしまいましたが、

商品は白楽の雑貨とハンドメイドの店 Sally's Stickさんにて、継続して販売します。

お近くにお越しの際は、どうぞお立ち寄りくださいませ~。

そして今回は、ベア作家のエレノアさんとご一緒でした。

たくさんの可愛い熊さんやワンちゃん達に癒されました^^

最後に物々交換で、なんとこんな可愛いベアちゃんをいただきました。



手のひらに乗るコンパクトサイズですが、さすが本格的です。

エレノアさんの作品は、とっても表情豊かで、思わずニコッとしてしまいます。

殺風景なアトリエの空気を和ませてくれています。

エレノアさん、お疲れ様でした。

ちなみに来年2月15日の手作りマルシェにも出展することになりました。

近くなったらまたご案内しますので、よろしくお願いいたします。





  


Posted by ボタン at 22:33Comments(0)その他

2010年12月15日

製作中です!

イベントのお知らせです。

来週21日(火) 大倉山の花屋&カフェ ラ・プティフルールさんにて、手作りマルシェに出展します。

10:30~12:00 短時間のミニイベントですが、お時間ありましたら、ぜひお立ち寄りください。

今回は、ベア作家のエレノアさんといっしょです。楽しみ~^^


それに向けて、作品制作の真っ最中です。

前回のマルシェで本人もまさかの大好評いただきましたルームシューズですが、

今回は、更にブーツタイプも作ってみました。



まだちょっとだけしか見せません…

生地の柄もいろいろと取り揃えてみました。

試行錯誤を重ねて、やっと思っていたものに近いパターンが作れました。

あとは、ルームシューズ製作マシンになって、ひたすらジャンジャカ縫います。



返し口から表に返しているところです。

ドキドキワクワクする瞬間です。

お楽しみに…






  


Posted by ボタン at 01:02Comments(0)いろいろ製作

2010年12月07日

スラックスの前カン

やっとお直しの忙しさも一段落したようですが…、

それにしても、12月というのにやけに暖かい毎日が続いています。

これが、突然ガーっと寒くなったら、またピークが来たりして…いや、それはないか?


紳士スラックスのファスナーの上に、こんな金具がよく付いています。



写真は、受け側です。

もう一方のカギ型(引っ掛ける側)とで、一組になります。

これは、「前カン」といって、いわゆるホックと同じ機能のものですが、

見ておわかりの通り、糸で縫い付けていません。



裏側に返すと、こんな方法で留めてあります。

受ける金具に表側の金具のツメを差し込んでいるのです。



それを分解すると、こうなります。

今回は、珍しくレディースのパンツにこの前カンが付いていて、

ウェストつめの作業をしたので、この前カンの移動をしました。

小さいツメですが、意外と硬くて外すのが結構たいへんです。

もっともすぐに外れてしまっては、困るものですが。

縫い付けるタイプのホックと違って、差し込むだけなので、生地があまり傷みません。

  


Posted by ボタン at 00:31Comments(0)お直し

2010年12月03日

フード取り外しました。

とってもお世話になっている美容院の先生からのご依頼のお直しです。

ビッグサイズのパーカー、フードと袖を取り外して、エプロンとしてお使いになります。



このナイロン素材が、美容師さんのお仕事に最適だそうです。

お袖は、切替のところからカットして、ゴムを入れました。

フードは、



どこからカットしようか迷いましたが、このくらいが一番落ち着くかな~と思って。



カットしたままだと広がってしまうので、後中心と両サイドを少しずつ縫い込んで、

自然に立ち上がるようにしてみました。

フードに通っていたゴムもそのまま利用してデザインに活かしました。

これは、



カットした部分です。

「何かに使ってね」と、お言葉に甘えていただいてきました。



  


Posted by ボタン at 00:22Comments(0)お直し