2012年07月26日

手ぬぐい甚平の新柄

今日は、本当に暑かったわ~。

いつもパンツスタイルがほとんどですが、今日はパンツ(下着じゃないよ)を穿く気になれず。

めずらしくワンピースで、ヒザ上丈のスカートスタイルで外出しました。

梅雨明け後の日差しは半端じゃないので、日傘が最近のマストアイテムです。

真夏は、お直しのご依頼も少なくなりますので、今日はあちこち外回り。

それにしてもあまりの暑さに、倒れそうなくらいでした。

よくよく考えてみたら、昼から一度もトイレに行ってないし。

も少し水分補給しないといけないのかな、気をつけなくちゃ。


「手ぬぐいで作る子供用甚平」新柄で2着作りました。



うん、やっぱり可愛いなぁ^^

女の子用がなかったので、今回はこんな柄で。



愛らしいピンクのうさぎちゃんと、



さわやかなブルーの朝顔。

手ぬぐいって、浴衣地に似てますけど、お洗濯後の乾きは、

手ぬぐいのほうが、ずっと早いような気がします。

たぶん手ぬぐいの繊維が空気をたくさん含んでいるので、

早く乾くし、風合いも柔らかなんじゃないのでしょうか。

最近気がついたんですけどね。

新柄2着は、おなじみの妙蓮寺 路地裏のTOMY工房さんに納品しました。

お直しのお取次もやってますので、お気軽にお問い合わせください。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン  


Posted by ボタン at 23:34Comments(0)いろいろ製作

2012年07月20日

デニムの穴あきミシン修理

いよいよ梅雨も明けて、本格的な夏に突入しました。

私は、冷房が苦手なのと、汗だくで仕事したほうがやってる感があるし、

後のビールもおいしいし…で、あまり冷房を入れません。

しかし…今日の昼間の暑さには、さすがに危険を感じました。

集中力も途切れてしまうので、適度に冷房を使いましょう。


先日、ご新規のお客様より、デニムの修理のご依頼をいただきました。

デニムの修理は、自分の好きなアイテムなのですが、

こだわりのあるお客様も多いので、細かな注意も必要です。

今回は、元々ダメージ加工のデニムだけれど、穴が大きくなってしまったもの。

2箇所のうちの一つがこちら。



ポケット下のちょっと微妙な位置です。



かなり大きくて、完全に穴が明ききってしまっています。

やはりこの穴は、中が見えないように塞いでしまったほうがよろしいということで、



裏側から同じようなデニムの生地を当てて、ミシンで粗めに細かく?たたきます。

大抵は共布がありませんので、同じように色抜けしたデニムを探して使います。

ウール地などは細かな針目でたたきますが、デニムの場合はラフな感じにします。

まわりのブルーのモシャモシャは、他と合わせてあえて残しました。

そしてもう一箇所は、ヒザのあたりのこの穴あきです。



お客様のご希望で、「これ以上大きくならないようにしてほしいけど、

穴は、あいた状態のままにしたい」ということでした。

ど~しようかなぁ…といろいろ考えた結果、こんな仕上りになりました。



表側から見た目は、こんな感じです。

そして、裏側はどんなかというと、



こうなりました。

当て布は、デニムでなく、ダンガリー地を使用しました。

表から穴の周囲にミシンをかけて、最後に穴の部分だけくり抜いてみました。

この方法は、今回初めてやってみましたが、なかなかうまくいきました。

お直しは奥が深いので、まだまだ未経験の課題がたくさんあります。

これからもいろんな方法を研究して、果敢にチャレンジしていきたいと思っています。

それが少しでもお客様のお役に立てれば、うれしい限り。

今回もお客様には、大変喜んでいただけました。

ありがとうございました。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン


  


Posted by ボタン at 00:18Comments(0)お直し

2012年07月15日

2枚のカットソーで

以前にもこのブログで、カットソーの幅出しをアップしましたが、

今回も同じお客様からのご依頼で、リメイクの要素を取り入れたお直しです。



一見すると、ただの1枚のカットソーに見えますが…実は、



これがメインのカットソーで、個性的な素敵なデザインですが、

ご覧の通り、たぶん私でも小さいくらい、かなり細身にできています。

で、



こちらの無地のカットソーをプラスして、幅を出します。

どちらも同じようなパワーネット素材なので、違和感がありません。

そして、合体させるとこのようになります。



これくらいなら、無理なくご着用になれると思います。

前回は、不足分を足し布して、マチ入れしてみましたが、

今回は、不足の分量が大きかったこともあったのですけれど、

できるだけそのまま使えるところは、使っちゃおう!と考えました。



こんな感じに、脇も足りない分量をそのままつなげただけです。

私が考えるリメイクって、あまり切り刻んだりして手間をかけずに、

むしろ手抜きなくらいに、簡単に仕上げたほうが、いい作品になるということです。

もっともあまりリメイクが得意でもないんですけどね。

都合のいい理屈ですみません。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン


  


Posted by ボタン at 23:07Comments(0)リメイク

2012年07月09日

夏のルームシューズ

だいぶ暑くなってきましたが…、やっとこさ、仕上りました。



お待たせ、夏用のルームシューズいろいろ。

ストラップ付も作りましたよ。



中敷がタオル地なので、素足にさっぱり気持ちよく履けます。

ベタつくフローリングの床とか、お風呂上りなどにいいですよん。

子供(ベビー)用もあります。



ママとお揃いで、プレゼントにも最適です。

妙蓮寺の路地裏のTOMY工房さんに納品してきました。

気になる方は、ぜひ遊びに行ってみてください。


これから夏場は、あんなに忙しかったお直しも、何て言うか、農閑期になります。

なので、こんな小物作りなどなどで、何とか食い繋いでおります。

ご好評いただいております、お直し教室ももちろんやってます。

手ぬぐい甚平さんの教室も、ご希望あればまたやろうかな~。


横浜大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン


  


Posted by ボタン at 23:50Comments(0)いろいろ製作