2013年03月23日

トレンチコートのサイズダウン

今冬は、コートのお直しを本当にたくさんお承りしました。

お直しをご依頼のお客様の多くは、

いろいろ探してみたけれど、希望に合ったコートが見つからない、

それなら、手持ちのコートをお直ししてみよう、ということでした。

また、昔買った品物は品質・素材が良いから、捨てるのはもったいない、

というお声もよく聞かれます。

ワンシーズンで終わってしまうような洋服をたくさん買うよりも、

良い服を長く大事にという傾向が強まっていると、確かに感じられます。


今回のお直しは、定番型のトレンチコートです。



もちろんこのままでも着られますが、若干サイズが大きめでした。

今冬は特に、丈・身幅ともスリムでコンパクトなシルエットが主流。

コートの場合、あまり流行は関係ないと思われがちですが、

その年によって、微妙な違いがあるようですね。



このトルソーに対しても、ちょっとサイズが大きいようです。

なんとなくダポッとした感じがします。

そこで、着丈と身幅を思い切ってカットしました。



とてもすっきりして、スマートに変身しました。

気をつけたいのは、着丈のつめ寸法です。

サイドのポケットの位置や、後のスリットの残りの寸法、

そして全体のバランスをよくご相談させていただき、決めていきました。



肩先のあたりも少し余っていたので、少々縫いこみフィットさせました。

暖かくなったり寒くなったりのこれからの季節に活躍してくれそうです。

ご依頼いただきまして、ありがとうございました。

当アトリエでは、お客様のご要望をじっくりとおうかがいし、

必要であれば、ご試着・フィッティングしながらご相談のうえ、

どのようにお直しするか、細部に亘って決めていきます。

受付・カウンセリングの段階をとても大事にしています。

ご納得のいく仕上りにするために、これは必要不可欠なステップだと思います。


横浜・菊名の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン  


Posted by ボタン at 23:39Comments(0)お直し

2013年03月16日

ジャケットの肩幅つめ2着

いよいよ明日から東横線・副都心線相互直通運転が開始されます。

当店「チカラ・ボタン」も東急東横線菊名駅より徒歩1分。

菊名駅は、東横線の各駅も急行も特急も全ての列車が停車します。

副都心線との相互直通になることにより、秩父や川越など埼玉方面にも直で行けます。

ということは、埼玉方面にお住まいの未だお会いできていない

このブログの読者の皆様にも、少し足を伸ばしていただければ、

当店にお越しいただいて、お会いできるチャンスができたということです。

これは、素晴しい!

ぜひぜひ、たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。


お店をオープンしてから、以前からのお得意様にもお越しいただいていますが、

こちらのT様もその中のお一人で、当ブログをご愛読くださっていた方です。

今回は、ジャケットのお直しが2点、両方ともに肩幅つめです。

まずはこちらから。



優しいイメージのノーカラージャケットですが、

肩あたりの大きさと、胸のあたりの身幅のダブつきが気になります。

着用していただくと、やはり肩が大きすぎて飛び出してしまいます。

そこで、肩幅を2.5cmつめ、身幅も若干つめますと、



こんなにすっきりと、スマートな印象に生まれ変わります。

肩パットも小さめのものに入れ替えました。

お帰りの際には、こちらのジャケットに着替えてお帰りくださいました。


そして、もう一着は、こちらです。



スタンダードなジャケットのように見えますが、

やはり肩がちょっと大きく、着てみると気になるのが残念な感じでした。

そこで肩幅をほんの1㎝ですが、つめてみますと、



ね、違うでしょ。

わずか1㎝のことですが、こんなに印象が変わってきます。

ご本人に着用していただくと、もっとはっきり違いがわかります。

これでまたこの先何年か着られるのなら、お直しするのが正解です。

まずお手持ちのジャケット1着お試しになってみてはいかがでしょうか。

ブログがご縁でお付き合いの始まったT様、いつもありがとうございます。

こんなご縁がもっともっとふえてくれると嬉しいですね。


横浜・菊名の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン
  


Posted by ボタン at 00:09Comments(0)お直し

2013年03月08日

バッグ製作

お直し仕事の傍ら、時々洋服や小物のオーダーもお承りしています。

基本お直し屋なので、製作物はお時間をいただいています。

今回は、お客様のお手持ちの生地でバッグ製作のご依頼でした。



その生地はこちらです。

とてもきれいなブルーのお花が、刺繍のように織り込まれた生地です。

お見本のバッグをお預かりしたのですが、

お花の柄が大きく、一方に向きがあるので、同じ形にはできません。

まずお花柄のいいところを活かすことを第一に考えて…

出来上がったのがこちらです。



持ち手もお客様にご用意いただいたものをお付けしました。

実はこのような持ち手を付けるのは初めてでした。

なので最初は付け方がわからず、知り合いの手芸屋さんに聞いたりして。

ミシンでも縫い付けできるみたいでしたが、今回は手縫いで対応しました。

もちろん返し縫いで、しっかり丈夫に付けましたよ。

周囲の辺には、コバステッチを入れてシャキッとさせてみました。

サイドは、



やはりお花を入れて、上部をちょこっとミシンしてへこませました。

自分的には、「なかなかいい感じ」にできたと思います。

お客様にも喜んでいただけたようで、ホッとしました。

ありがとうございます。

たまにはこんなお仕事も楽しいものです。


横浜・菊名の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン





  


Posted by ボタン at 23:17Comments(0)いろいろ製作