2014年06月30日

一重ジャケットの肩幅・身幅つめ

いつも月末が近づくと、仕事が立て込んで慌ただしくなります。

でも今月は珍しく「ちょっと余裕」と、若干落ち着いていたら、

「あ、そうだ。今月は30日までしかなかったんだった!」とまたいつも通りアタフタ…

しているうちに、ブログの更新もすっかり滞ってしまいました。


今回のお直しは、もはや当店の定番メニューとなったジャケットの肩幅・身幅つめ。



こちらの素敵なジャガード素材のスーツ、上着をお直しします。



お洋服自体は、かなり以前のものらしいそうですが、

ジャガード素材は、ちょうどイマドキの流行にもなっていますので、ぜひお直ししたいところ。

やはり、肩まわりからバスト~ウェストラインが、大き目にできています。

素材自体の張りもあるので、余計に協調されているようです。

お直し後は、こちらです。



見た目には、それほどの違いは感じられないかもしれませんが、

着用されるご本人は、かなり違いがおわかりになると思います。

そして、夏物に多いのが、今回のような裏地無しの一重仕立てのジャケット。

たぶん「裏地が付いていないから、冬物より簡単だし料金も安かろう」と思われるかもしれませんが、

ところがどっこい!



縫い代がこのように全てパイピング仕末になっていることも多いのです。

幅つめをすると、縫い代が多くなり過ぎるため、余分の縫い代をカットしますが、

この場合は、いったんパイピングを外して縫い代をカットし、またパイピングを付け直す、

という作業が、それぞれの縫い目、それぞれの縫い代に必要になります。

これはかなりの作業量になりますので、当然料金もその分プラスになります。

ということで、意外に料金は高くなることもありますので、ご注意ください。


横浜・菊名の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン

  


Posted by ボタン at 19:51Comments(0)お直し

2014年06月22日

最近の教室

梅雨らしい雨模様の毎日ですが、お直し教室は元気に開催しています。

最近は、お仕事の都合上、土日曜日をご希望の生徒さんが多いようです。


では、まず土曜日午後の授業から。



こちらのお二人の生徒さんです。

くしくもお二人とも、デニムパンツのお直しのレッスンとなりました。



裾がすり切れてしまっていたので、ロックをかけてギリギリの長さを残して丈つめしました。

目打ちを上手に使ってステッチをかけています。

この「目打ち」はとても便利な道具ですので、ぜひ使いこなしていただきたいです。

それから、こちらは内股のすり切れ修理。



裏側から当て布をして、ミシンをザーッとかけてキズを刺し埋めていきます。

ほぼ私がやるのと同じくらいの仕上りです。きれいにできています。



そして、表側から見てもほとんどわからないくらい、ミシンの跡が目立っていません。

これは、もちろんミシンのかけ方と、ミシン糸の色選びがポイントになります。


そして、日曜日午前の授業はこちらのお二人の生徒さんでした。



お二人とも、普段からお裁縫をなさっているだけあって、サクサクと進みました。



こちらの生徒さんは、本日が初めてのレッスンでした。小田原から来てくださいました!

今日の課題は、パンツの裾のすり切れ修理。

すり切れ具合がかなり進んでいて、キズが深かったのですが、

ぐるりと一周縫い込み処理をして、こんなにきれいに仕上りました。



お見事です!

そしてこちらは、パンツのヒップ上のあたりが何だかプカプカ浮いてしまう…

ということで、後ろポケットを縫い止めて、一工夫してみました。



最後に試着してもらいましたが、やっぱりこれが成功だったようです。


生徒さんにお直しを勉強した感想を聞いてみました。

・お直し屋さんに出すほどでもないちょっとしたお直しができるようになって、とてもうれしい。

・自分でできれば、細かいところまで自分の思い通りにお直しできる。

・今まで自己流でやっていたけれど、きちんと教えてもらうことによって、失敗がなくなった。

・気になる部分があってあまり着なかった服もお直ししたら、着る回数が増えた。

 (着られるようになった服が増えると、すごく得した気分になります)

などなど、それぞれ生活の中にお直しを活かしてくださって、とてもうれしいですね!


横浜・菊名の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン

  


Posted by ボタン at 18:58Comments(0)教室

2014年06月16日

最近の教室

まず、お知らせです。

6月18日(水)は、勝手ながら13:00~19:00の営業とさせていただきます。


あまりアップしていませんでしたが、お直し教室ガンガンやってます。

写真を撮るのも忘れてしまうくらい、熱中していることもしばしば…


生徒さんのお直しbefore/afterです。



ちょっと前に流行っていた、袖山のギャザー。

ここさえ普通のデザインだったら、気にせず着られるのに…残念、ということで、

教室でお直ししてみました。



はい、見事普通袖に変身しました!

礼服なので、そうそう何度も着るものでないだけに、もったいないですよね。

このお直しは、上級者向きなので、初心者の生徒さんには無理ですが、

勉強を重ねていけば、こちらの生徒さんのようにできるようになりますよ。


こちらは、ブラウスのお直しの実習中です。



かなりサイズの大きな服でしたので、肩幅・身幅をかなりつめて、サイズダウン。

回数はかかりましたが、きれいに完成しました。



そして、この授業の時に、着て来てくださいました。

こうして着てくださると、私もうれしいですね!

ちなみにこの授業では、キュロットをスカートにリメイクしています。


この他、こちらは、裾回りの長~いフレアースカートの着丈つめ。



綺麗なネイルの長い爪を上手に使って、頑張りましたよ。

お直しの技術をご自分のお仕事に活かすため、勉強しています。頑張れ!


こちらは、いただきたお洋服を自分のサイズにお直しするのが第一の目的。



上等なお洋服をたくさんいただいたようで、これはぜひお直しして着たいですよね。

「ほどくのが大変!」ということでしたが、ほどく作業はお直しの基本。

ほどきながら、洋服の構成や効率的な縫い方を考えて、作業を進めていきますので。

これは、私が生徒さん達にいつもお話していることです。


洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン

  


Posted by ボタン at 19:05Comments(0)教室

2014年06月13日

ワンピースをツーピースにリメイク

このブログへの検索キーワードに最近多いのが、ワンピースのリメイクです。

「ワンピースからスカートにリメイク」というのが最も多いようですが、

今回のご依頼は、上下身頃を共々活かして、ツーピースにリメイクでした。


元のデザインは、こちらのロング丈のワンピース



今風に言うと、マキシワンピースになるのでしょうか。

切替とギャザーが可愛い、これからの季節にピッタリなデザインですが…

ツーピースにリメイクするには、足し布をするなど何かが必要になりますが、

こちらのワンピースは、着丈がたっぷりありましたので、

あまり余計な手を加えずに、ツーピースにすることができました。

まず、上身頃は、



こちらのキャミソールになりました。

若干着丈は短めですが、軽やかな感じになったと思います。

そして、下はギャザースカートに変身。



ウェストは、ゴム仕様で程よくギャザーが入り、穿いていても楽チンです。

これなら、上下をそれぞれ別々に着回しできますし、セットアップで着ても、



可愛いですね~。


実は今回お客様が遠方にお住まいのため、宅配便を利用してのお承りで、

細かいご相談がお電話のみとなりましたので、若干不安な面もありましたが、

ご返送後、仕上りにご満足いただけましたようで、ホッとしました!良かったです!

ぜひ、いろいろにアレンジして、夏をエンジョイしていただければ。

ありがとうございました。


洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン


  


Posted by ボタン at 19:45Comments(0)リメイク

2014年06月09日

最近の教室 Tシャツのリメイク編

いよいよ梅雨に突入しましたが、チカラ・ボタンの教室は、元気に開催中です。

この教室には、コースもカリキュラムもテキストもありません。

生徒さんがお直ししたい洋服とその内容で授業を行っています。

だから、本当にやりたいことが無駄なく学べるというメリットがあります。


今回は、Tシャツを題材としたリメイクのレッスンを2パターンご紹介します。

まずは、こちらから。



ご自分のTシャツで、ペットのワンちゃんのお洋服にリメイクします。

お手持ちのワンちゃん服のパターンを取ります。

そして、そのパターンを当てて、Tシャツの柄を活かして裁断します。



こんな状態になりました。果たしてちゃんとできるのか…ドキドキ…

でも大丈夫。伸びる素材なので、ミシン糸もそれに合わせて選びます。



比較的小型犬なので、くりの部分が小さくてちょっと縫うのに苦労しましたが、

大好きなワンちゃんのために、頑張りました!



そして、見事完成しました!可愛いですね~。

パターンを作ってあるので、また他のTシャツでも生地からも作れますよ。


そして、こちらは、ライブTシャツを自分の好きなサイズにカスタマイズ。



一般的なTシャツって、衿ぐりが詰まっていて、暑い時はちょっとキツい。

なので、衿ぐりを広げて着やすくします。



衿ぐりの縁取り布は、広げると長さが足りなくなってしまうので、

裾から必要な分だけカットして、着丈をつめます。

そして、お袖丈も若干カットして、希望のカタチにできました。



ニット素材は、布端がくるくるっと丸まってしまうので、悪戦苦闘していましたが、

それだけに出来上がって、生徒さんもとても嬉しそうでした。よかったですね。

やはり出来上がった時の達成感は、何物にも代えがたいものがあります。

生徒さん達皆さん、本当に頑張っています。


横浜・菊名の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン
  


Posted by ボタン at 20:08Comments(0)教室

2014年06月04日

ノースリーブにリメイク

チカラ・ボタンが監修したお直しの本 「手ぬいでちょこっと洋服お直し」

いよいよ発売となりまして、書店の店頭に並び始めました!

仕事が毎日バタバタと忙しくて、なかなか本屋さんを見に行くことができませんが、

友人達から、「〇〇書店で売ってたよ」とか、「本買いました」とか、

「本見ましたよ~いいですね!」とか、「役に立ちそうな内容ですね」とか、

たくさんのご報告、ご感想をいただきまして、ありがとうございます!

東横線・妙蓮寺の本のオアシス石堂書店さんでもお取り扱いいただいております。

ぜひ、店頭でお手に取ってご覧ください。

基本の技も、きれいにできるちょっとした裏ワザもふんだんに盛り込んでおります。


今回は、お袖の付いた服から、ノースリーブにリメイクした服をご紹介します。

お直し前は、こちらのワンピース



シックな半袖のワンピース、このままで充分素敵なのですが、

実際ご着用される時は、この上に上着を羽織られるとのこと、すると…



レーシーな透け感のある上着なので、下に着ているワンピースの袖が気になります。

そこで、お袖を外してノースリーブにしたいというご依頼でした。

身頃のアームホールはほとんどそのまま使って、袖なしにしました。



こうすると、よく袖ぐりの脇の下くらいの部分の生地が余ってプカプカすることがあります。

それを防ぐのと、フィット感をよくするために、この部分のみゴムを入れてみました。



そのままだと、袖ぐりの中まで見えてしまいそうで気になることもありますが、

特に細身の方は、こうしておけば、とりあえずひと安心です。

上着を羽織ってみると、



スッキリしましたね!


おまけ。こちらは、カーディガンのお袖を外して、ベストにリメイク。



だいたいの仕上りの感じをおうかがいしておいて、お袖を外して



はい、ベストの出来上がり。

袖ぐりは、外したお袖を使って、パイピングしてみました。




横浜・菊名の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン





  


Posted by ボタン at 21:02Comments(0)リメイク