2015年02月25日

最近の教室

年明けから、お直し教室には新規の生徒さんがたくさん来てくださっています。

その都度、Facebookにはアップしていたのですが、

そういえば、ブログの方には最近全くアップしていませんでした。

ちゃんとお直し教室も行っておりますので。

なので、かなり久しぶりになってしまいましたが、教室の様子をご紹介します。


丈直しにしても、ウェストなどの幅調整にしても、



きちんと物差しで測って、正しい寸法で行います。

特に幅調整の場合は、ちょっとした計算も必要なので、頭の体操にもなります。


カットソーのような素材ももちろんお直しできます。



こちらは、袖丈つめをしているところです。



カットソー素材の始末には、このロックミシンがあると便利です。

ロックミシンは使ったことがないという方が多いのですが、すぐにマスターできます。


直線ミシンは、こちらの職業用ミシンを使います。



下の写真の右下のほうに、レバーが見えると思います。



このレバーを膝で横に押すと、押えがねの上げ下げができます。

こちらの生徒さんは、デニムのミシン修理をやっているのですが、

このような押えがねを頻繁に上げ下げする作業には、この機能を使うと、スピーディーです。


皆さん、いろいろなお洋服を持って来て、お直しを勉強しています。



こちらは、シャツの衿幅を変えているところです。

自分でできれば、思い通りのカタチに変えられます。


そして、教室でも人気なのが、



Tシャツの衿ぐりのリメイクです。

丸首のやや詰まった衿ぐりをVネックにリメイクしました。

きれいに出来上がっています。


お直し教室では、生徒さんのお直ししたい洋服とその内容で行っています。

ですから、決まったコースやカリキュラムなどは一切ありません。

やりたいことがすぐにできるので、時間が無駄になりません。

ただ、それぞれのお裁縫のレベルによっては、「いきなりそれは無理」というものもあります。

特に初心者の方は、できるだけ丈つめなど簡単な内容から始めた方が無理がありません。

授業は個別対応ですので、周りの方の進み具合など気にせずマイペースでOKです。

受講のペースも生徒さんのご都合にお任せしています。

週一回の方もいれば、月一回の方も、またお直ししたい服ができた時にだけ…

と、皆さんいろいろです。

また、「これだけを勉強したい」という方ももちろんいらっしゃいますが、

できれば、1回だけでなく、何回か続けて受講していただきたいのです。

私が皆さんにお教えするのは、もちろんお直しのやり方ですが、

それ以外にも、例えばピンの打ち方とか、道具の使い方とか…

ほんのちょっとしたコツ的なことがたくさんあります。

実はそれらのちょっとしたことが、いろいろな場面ですごく役に立つのです。

そんなことは、たった1回の授業ではとてもお教えできることではありません。

ですから何回も勉強して、たくさんの技術や知識を身につけていただければ、

お教えする私としても、とてもうれしいのです。

お直し教室へのお問い合わせは、お電話でもメールでもお気軽にどうぞ。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン  
タグ :お直し教室


Posted by ボタン at 19:06Comments(0)教室

2015年02月18日

コートのライナー製作

またまたコートネタで引っ張ります。

今回は、コートのライナーを新たに作って欲しいというご依頼でした。

こちらのコートが本体です。



写真の撮り方が下手なのでわかりにくいのですが、

表地はシルク素材の黒無地で、冠婚葬祭用に着られるそうですが、

このままだと、真冬はちょっと寒いので、ライナーがあればということでした。



衿なし・袖なしで、ベストの丈を長くした形…

要所要所を測って、ザクザクっとパターンを引いてみました。

ライナーの素材は、中肉のウール地を選びました。



写真がわかりにくくて、すみません。

布端は、ほつれないように全てパイピング仕様で仕立ました。



取り外しは、ボタン留めでパイピングと同じ素材でループ仕様です。

はずれにくいように、気持ちボタンより小さめのループにしました。

最初のうちは留め外しがしづらいかもしれませんが、

着用中にはずれにくいという安心感を重視しました。



前見返しの辺りは、丸型のカットにしました。



袖ぐりの辺りは、こんな感じにしてみました。

ライナーそのものを新たに作るという仕事は、今までやったことがないので、

若干の不安がありましたが、思ったより上々の出来じゃないかと思います。

お客様にもたいへん喜んでいただけました。

いつもありがとうございます!


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン


  


Posted by ボタン at 18:40Comments(0)いろいろ製作

2015年02月11日

トレンチコートのすり切れ修理

まだまだ寒い日が続きますね~。

もうちょっとコートネタで引っ張りましょか。


今回は、トレンチコートの袖口と裾のすり切れ修理をご紹介します。

既に今までに何度かご紹介したことがありますが、

当アトリエでも非常に、お問い合わせ・お承りの多いお直しでもあります。


まず袖口から。



今回は、かなり手ごわい感じです。



ほとんど袖口一周が、すり切れてしまっています。

でも大丈夫、縫い込みの方法できれいに修理します。



いかがですか?

キズの部分は、内部に縫い込んでしまったので、表からは全くわかりません。



ただし、キズの程度にもよりますが、0・5~1㎝弱くらい丈が短くなりますのでご了承ください。


そして、裾もすり切れています。



こちらもかなり広範囲にわたってキズになってしまっています。

でもね、こちらも大丈夫。



袖口と同じように、キズの部分は縫い込んで隠れてしまいます。

だから、表側から見た目は、何事もなかったかのように。



これでまだしばらくは、活躍してもらえそうです。

この修理のポイントは、キズを縫い込んだ縫い目をやや裏側に控えて仕上げること。



これは、裏側から見たところですが、ほんの気持ち段差をつけています。

こうしているから、表からは何も気づかれないのです。


コートやジャケットなど、ついついお気に入りのアウターを毎日着てしまいがち。

それだけ傷んでしまいますので、きちんとケアしてあげましょう。

修理のご相談もお気軽にどうぞ。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン

  


Posted by ボタン at 18:42Comments(0)お直し

2015年02月05日

コートの裏地取り替え

前回から引き続き、裏地ネタで今回もまいります。

ご依頼は、イタリア製のお洒落なコートの裏地の取り替えでした。

元々付いていた裏地は、なぜかこんなに薄手のソフトな生地。



モード感はありますが、裏地としての機能を考えると、難しい感じがします。

裏地の取り替えの場合は、通常は元の裏地をパターン代わりに利用するのですが、

今回の場合は、生地の特質上それが難しいため、



ざっとパターンを引いて、作ってからの作業になりました。

こちらが、新しい裏地に取り替えたところです。



もちろん、ポケットの裏側も取り替えました。



そして、これはプラスアルファの作業ですが、

このままだと前端の部分がパカパカと開いてしまうので、



こんな場合は、「星止め」という手作業をやってあげると、



ピッタリと落ち着いて、動きについてきてくれますよ。



それから、前の打ち合わせが深いので、内側に



スナップボタンを一組プラスして、下に落ちないようにしました。

表側から見ると、こんなデザイン。シンプルながらお洒落です。



時には、こんな仕事もお承りしています。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン


  


Posted by ボタン at 19:04Comments(0)お直し