2015年08月29日

最近の教室

まず、9月のお知らせから。

都合により、10日(木)の営業時間は、~16:00とさせていただきます。

12日(土)は、ワークショップ「草花刺しゅうのブックカバーを作ろう」のため、

アトリエは休業させていただきます。



なお、こちらのワークショップは、ただ今ご参加お申込み受付中です!

のんびり手ぬいのワークショップ、一緒にやってみませんか?


ここからは、アトリエでのお直し教室からのご紹介です。



こちらの生徒さんは、菊名の店舗の頃から通われている生徒さんです。

といっても、「お直ししたい洋服ができたらここで受講」というペースで通われています。

そんなマイペースな受講でも、この教室では全く問題ありません。



今回は、毎日のワードローブでもあるスカート2枚のお直しが完成しました。

次回はいつ来てくれるのかな?細く長く、無理なく続けてくださいね!


そして、こちらのお直しは、じっくり時間をかけて完成しました。



ワンピースの身幅出し、左右の身頃の脇から袖下にかけて、足し布をしています。

足し布をどうするか問題でしたが…今回は共のベルトを使ってみたところバッチリでした。



これだけで、ずいぶんと着心地が変わり、ラクに着られると思います。

回を重ねて苦労した分、きっと腕も上がっているはずですよ。


また、この教室では「お直し」だけでなく、初心者さんのための「洋裁」もレッスンしています。



洋裁本の付属のパターンをトレースするところから始めます。

裁断して、ミシンをかけて…ゆっくり進めていきますから、経験がなくても大丈夫です。

この教室は、生徒さん一人ずつに個別対応で行っていますので。



初心者さんでも、こんな素敵なワンピースが自分で作れます。


チカラ・ボタンの教室は、1人~2人の少人数制です。



「不器用だから、手が遅いから、周りについていけるかどうか…」なんて心配はありません。

何かご質問ありましたら、お気軽にお問い合せくださいね。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン
  


Posted by ボタン at 00:42Comments(0)教室

2015年08月20日

夏まつりのお知らせ

明日、8月21日(金)~26日(水) チカラ・ボタンのアトリエは、夏季休業させていただきます。 

そして、22日(土)、23日(日) 14:00~20:00 は、妙蓮寺の菊名池公園で開催される、

「第37回ふるさと港北夏まつり」に、ART縁日チームの一員として、参加します。



毎年開催される夏まつり、盆踊りや飲み物・食べ物のお店もたくさん出ます。

私達ART縁日チームは、ハンドメイドの小物やアクセサリーの販売、

子供服・大人服のフリマ、コラボカフェなどなど…盛りだくさんの内容です。

そして、私のブースでは、22日(土)は綱島の「地域活動支援センターといろ」さんの作品販売、



23日(日)は、私のオリジナル小物を販売する予定です。



こんなのとか、



いつものこんなのとか、



こんなのもあります。

お時間ありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン
  


Posted by ボタン at 19:53Comments(0)その他

2015年08月17日

新しい本が出ます!

このたび、私の通算三冊目となる新しいお直しの本が発行されることになりました。

PHPビジュアル実用BOOKS



お気に入りの服を長く着るための「一番やさしいつくろい&お直しの教科書」

PHP研究所より、発行となります。


この本は、お裁縫の超初者さんでも使えるように、「基礎の基礎」とも言えるようなところから、

見やすい図解を用いて解説しています。

針の運び方など、実際に何度も何度も編集者さんとやり取りをして、

もうこれ以上ないというくらいのレベルにまで仕上がっていると思います。

そして、この本のページ数は、何と160ページと内容が盛りだくさん。

初心者さん、ミシンをお持ちでない方々のために、手縫いのプロセスあり、

洋裁が趣味という方々のために、ミシンを使用したプロセスもご紹介しています。

今回も、順を追って写真で詳しく解説しています。

お裁縫に自信のない方は、ひと針ひと針ゆっくり確実に縫っていただければいいし、

ミシン大好きという方は、どんどんミシンを使っていろんなお直しにトライしてみてください。

お直しする服のアイテムやお直しの事例なども、たくさんご紹介しています。

まさに、お直しの「教科書」といったところでしょうか。

お家の本棚やミシンの横に、備えておいていただければうれしいですね!

もちろん、ほつれた・破れたなどのトラブルレスキューにも対応しています。


8月末には、全国の書店の店頭に並ぶ予定となっています。

ぜひ、お手に取ってご覧いただければ幸いです。

また、Amazonでも、ご予約受付中です。


「三冊目ともなれば、もう慣れたもんでしょ?」と思われるかもしれませんが、

いやいや、その度に新たな難関がいくつもあり…本当に大変です。

いかに解りやすく全ての人に伝えるか…こんなにも難しいものだとは…

今回も、とてもいい勉強させていただきました。


そして、撮影・編集・原稿チェックと、たくさんのスタッフの皆様にたいへんお世話になりました。

皆様、本当にありがとうございました!

この本をご覧いただいて、一人でも多く「お直しファン」が増えてくれればいいなと思っています。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン


  


Posted by ボタン at 18:25Comments(0)その他

2015年08月13日

シャツをバランス良くサイズ直し

お盆期間中も、チカラ・ボタンのアトリエは営業しております。

8月21日(金)~26日(水)の6日間は、夏期休業となりますので、ご注意ください。


今回は、どなたもお持ちの定番シャツのサイズお直し例をご紹介します。



こちらの麻素材のきれいな色のシャツ。

いわゆる定番のデザインというのでしょうか、しかし…

毎年、着てみると…何となくしっくりこない、何だか違和感がある…

ということで、毎年お蔵入りになってしまっていたそうです。う~ん、もったいないですね。



しっくりこない、一番の原因は、この衿の形と大きさでしょうか。

そして、全体のシルエットも、身幅がゆったりしすぎて、微妙に余ってしまう。



そして、着丈もちょっと前の時代(失礼!)の丈感で、長すぎるんですね。


この身幅と着丈の関係は、非常に密接で、どちらを小さくし過ぎてもバランスが崩れます。

着丈が長いからと言って、丈のみカットしても、それでは身幅が強調されて、

やたらとゆったり大きく、野暮ったく見えてしまいます。

またその逆に、身幅だけスリムにし過ぎると、今度は着丈が長~く見えてしまいます。

どちらにしても、「やり過ぎ」は、バランスが崩れて、素敵に見えません。

最近アトリエに見えるお客様の多くは、「身幅をスリムに」というご希望が多いのですが、

必ずご試着いただいて、ピンを打ちフィッティングしながら、全体のバランスを見ます。

「全体のバランス」が、とっても大事だと私は思います。

今回も、そのようにして、つめ寸法を決めていきました。

この段階で、ゆっくりじっくり時間をかけて、存分に悩んで決めてください。

切ってしまってからでは、もうどうにもなりませんので。


で、お直し後は、こんな感じになりました。



一番の原因と見られていた、衿はこのように、コンパクトなサイズに。



これだけで、かなり見た目が変わったと思います。

そして、慎重につめ寸法を決めた、身幅と着丈を直して



全体のバランスは、こんな感じになりました。

幅・丈ともそんなに大幅にカットしたわけではないのですが、軽やかに見えると思います。

裾を外に出しても、ボトムにインしても着られます。

ご自分でお直しされる方は、ピンを打って必ず鏡の前で試着してバランスをチェックしましょう。

もちろん、自信のない方は、アトリエにお持ちください。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン

  


Posted by ボタン at 20:20Comments(0)お直し

2015年08月08日

最近の教室

まず、業務連絡から。

チカラ・ボタンのアトリエは、お盆期間中も通常通り営業いたします。

そして、夏季休業は、8月21日(金)~26日(水)となります。

休業といっても、合間にカルチャーセンターの仕事とか、イベントとか、

ちょいちょい、仕事も挟んでいますが、アトリエ自体は休業となります。

お直し教室も同様です。

お客様、生徒さんには、ご不便おかけしますが、よろしくお願いいたします。


ついつい、教室風景のブログがおろそかになってしまい…

かなり以前に写真撮りしたネタも混ざっていますが…ご容赦ください。

おかげさまで、チカラ・ボタンのお直し教室、生徒さんが増え続けています。



教室の授業は、少人数制で一度に生徒さん一人から二人までなのですが、

最近は、お二人での授業がよくあります。

日時によっては、満席でご希望の通りにならないこともありますので、

ご都合がついたら、お早目にご予約いただくことをお勧めします。


この教室には、カリキュラムや決まったコースなどいっさいありません。

それぞれ、お直しなさりたいお洋服とその内容で、レッスンしています。

だから、当然テキストなんてものもありません。



必要に応じて、こんな風にノートにメモしていただければと思います。

今は、皆さん携帯をお持ちですから、その都度、写真を撮るのもいい方法です。

生徒さんは、「ミシンをかけるのはほぼ初めて」の超初心者さんもいれば、

洋裁が趣味で、ご自分のお洋服をもう何枚も作ったという方もいます。

そして、既にお直しの仕事に就かれている方が、スキルアップのために来られることも。

それぞれの生徒さんのレベルに応じて、レッスンしますので、ご安心ください。



裾上げする時の印のつけ方、もっと基本的にものさしの持ち方からご指導します。

そして、意外に大事なのが、布の裁断。



いくらお直し屋でも、切ってしまったら、もう元には戻せませんから。

写真にはありませんが、「待ち針の打ち方」もとっても大切。

たいていの生徒さんが、あまり適切でない使い方をしているんです…

この教室で、それを初めて知った生徒さんは、「目からウロコ」とよく言ってます。



もちろん、仕上を大きく左右するアイロンのかけ方も重要です。

お洗濯物のアイロンかけのやり方とは違いますので。

「知っていそうで、知らなかった」ことって、たくさんあるのです。

たぶん、洋裁本や手芸本には載っていない、ごくごく基本の動作。

私は、これが本当に大事で何より役立つことだと思っています。

チカラ・ボタンの教室に通い続けていれば…



当アトリエの看板メニュー、Vネック加工だってできるようになりますよ。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン



  


Posted by ボタン at 17:50Comments(0)教室

2015年08月01日

草花刺しゅうのブックカバーを作ろう

まだまだ真夏ではありますが、ちょっと先のワークショップのお知らせです。

読書の秋に備えて…「草花刺しゅうのブックカバー」を作ります。



サイズは文庫本サイズ。

ちょっと渋めの秋色の糸で、ちくちくと刺しゅうします。

お散歩中に見かける、素朴な草花がモチーフです。



こちらが、カヤツリグサです。

時々道端や空き地(あんまりないけどね…)で見かける草です。

そして、



こちらが、コメツブツメクサです。

公園の植え込みや生け垣に生えているらしいのですが、あまり見かけることがないかも…

でも、可愛らしい草花なので、モチーフに選びました。

上の2種類のどちらかをお選びいただいて、刺しゅうします。

どちらもごく基本的なステッチしか使っていませんし、連続柄ではないので、

きっと、刺しゅう初心者の方でも、安心して刺していただけると思います。

でも、何となく凝った感じ?に見えるのは、刺しゅう糸を混ぜて使っているから。

ちょっとしたコツをお教えします。

また、刺しゅう糸はたくさん持って行きますので、色を変えてオリジナルにしてもOK。

そして、カバー本体は、今回もミシンを使わず、手ぬいで仕立てます。



複雑なデザインではありませんので、こちらもお裁縫初心者にはピッタリのアイテム。

電車の中でスマホばかり見てないで、たまにはこんなカバーのかかった本読みましょう!

プレゼントにも最適ですね。

では、ワークショップの詳細です。


日時:9月12日(土) 10:30~12:30

場所:妙蓮寺 本のオアシス石堂書店 2階

参加費:1,500円(材料費込み)

定員:10名様


お申込みは、石堂書店(045-401-9596)さんまで。

皆さんでおしゃべりでもしながら、手作りの時間を一緒に楽しみましょう。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン
  


Posted by ボタン at 19:42Comments(0)教室