2016年11月30日

お直し納期についてのお知らせ

いつもチカラ・ボタンのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

お直しの納期について、お知らせいたします。


現在、当アトリエでは、お直しのご依頼がたいへん混み合っておりまして、

仕上がりまでの納期を1か月~2か月(或いはそれ以上)ほどいただいております。

仕事には全力で取り組んでおります。

お客様にはご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。

※どうしてもお急ぎでご入用の場合は、個別にご相談ください。

 ただし、ご希望に副えない場合もございますので、ご了承ください。


また上記のように納期はいただきますが、お承り・ご相談は通常通り行っております。

ご予約制となっておりますので、メール、またはお電話でご連絡の上、お越しください。


お直し教室につきましても、通常通り行っております。

こちらもご予約制となっております。

現在、土曜日にご予約が集中していますので、早い段階で満席になってしまいます。

次に多いのが日曜日、平日は比較的空いています。


ブログの更新もなかなかできず、楽しみにされていらっしゃる皆様には、

お待たせしまして、本当に申し訳ありません。

できる限りの範囲内で、更新もしていくつもりでおりますので。


よろしくお願いいたします。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン




  


Posted by ボタン at 18:12Comments(0)その他

2016年11月21日

長袖ワンピースをノースリーブに

日々、仕事に追われておりまして、なかなか更新ができません…

ブログネタもどんどん溜まっていく一方なので、何とか少しでも更新せねば。

できる限り頑張ります。


今回のお直しは、こちらのカジュアルタイプの長袖ワンピース。



これではよくわからないのですが、広げてみると、



両袖の付け根の部分が、大きく裂けて破れてしまっています。



デザインのせいもあると思いますが、腕を動かすたびに引っ張られてしまうのでしょう。

麻混素材なので、いい感じのクッタリ感も出ていて、捨ててしまうのももったいない。

修理のやり方は、いろいろあるのですが、一番応急処置的な感じだと、

キズの部分に接着芯など貼り、軽く補強して縫い込んでしまうのが手っ取り早いのですが、

それでは、ますます幅が狭くなってしまうので、またすぐに同じ状態になるはず。

これでは、あまりお直しした効果はないので、もっといい方法にしましょう。


お客様とご相談した結果、今回はこうしました。



思い切って、傷んだ部分をそっくり取り除いて、ノースリーブにリメイク。



このワンピースのお袖はラグラン袖だったので、うまくいくかな…と心配もしましたが、



大体の袖ぐりラインを作ってカットしてみました。

そして布端は、残った袖部分を使ってパイピング仕立に。



スッキリとしましたね。

これなら、思いっきり腕を動かしても破れを気にしなくて大丈夫です。

お仕事着として、再び活躍してくだされば幸いです。


すり切れや破れや穴あき…素材やデザインによっても傷み方は様々です。

修理の方法は一つだけとは限りません。

キズの程度・場所・全体のデザインなどを考えれば、いろいろ方法は見つかります。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン




  


Posted by ボタン at 18:51Comments(0)リメイクお直し

2016年11月10日

トレンチコートをマント風にリメイク

業務連絡、11月12日(土)、19日(土)は、アトリエ臨時休業させていただきます。

19日(土)は、ワークショップ「お手持ちのセーターからあったかルームシューズを作ろう


最近は日が暮れるのが早くなってきて、夕方になると何だかアタフタしております。

ブログネタもたくさんあるので、早くアップしなければ。


今回は、リメイクでまいります。

元の題材は、こちらのトレンチコート、



このようなデザインには珍しく、鮮やかな赤のコートです。



定番的なラグラン袖のタイプです。

お客様のご要望では、「マント風、ポンチョ風…な感じに」

ということで、このようなカタチに出来上がりました。





着丈はお尻が隠れるくらいの位置でカット。

元がラグラン袖なので、できるだけそれを活かして、脇と袖下をほどいて、

その間に足し布をはめ込みました。



こうして見ると、つくりがよくわかりますよね。

足し布の部分は、着丈をかっとした共布を使用する予定でしたが、

継ぎ接ぎが多くなってしまって、どうしても足りない部分もあり…

やむなくお客様のご了承をいただいて、別布にしました。

ベースが鮮やかな赤の生地ですから、いろいろ探して迷った結果、

少し色が濃くなりますが、しなやかなポンチニット素材にしてみました。



このままだと、着用時に服の中で腕がブラブラと不安定になってしまうので、



スナップボタンで留め外しできるように、腕の通る部分を作りました。

気分が沈みがちな雨の日も、これで少しでも明るくなればいいなと思います。


時には、こんなリメイクのご注文もいただきます。

できるだけ、お客様のご要望を実現できるよう、じっくりとお話をお伺いしています。

静かなアトリエで、ゆっくりしてください。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン




  


Posted by ボタン at 19:47Comments(0)リメイク

2016年11月05日

うさぎマルシェ 11月6日

またまた直前情報になってしまいましたが、

明日6日(日)10:00~12:00 大倉山のギャラリーカフェ夢うさぎさんにて、

毎月恒例の「うさぎマルシェ」に参加します。

今回も冬用のあったかルームシューズ持って行きます。



といっても、有り合わせの材料でとりあえずできるだけしか作っていないので、

売り切れ御免の早い者勝ちです。

そうそう、「後ろ中心にゴムを入れて!」ってリクエストもいただいたので、



ゴム入りのも何点か作りました。


そして、「お直し無料ご相談会」も並行して行います。

「こんなお直しってできるのかな?」「お願いしたらいくらぐらいでできるのかしら?」

など、様々なご質問にお答えしますので、どうぞお気軽にお越しください。


※このため、明日は大口のアトリエは、お休みさせていただきます。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン

  


Posted by ボタン at 17:40Comments(0)その他

2016年11月04日

お手持ちのセーターからあったかルームシューズを作ろう 石堂書店

いよいよ寒くなってきましたね。

足元のポカポカな「あったかルームシューズ」の恋しくなる季節到来です。

妙蓮寺・本のオアシス石堂書店さんにて、今年の冬も行います。

ワークショップ ちょこっとリメイクにチャレンジ

「お手持ちのセーターからあったかルームシューズを作ろう」



勢いで衝動買いした、セールで安かったから買っちゃった…など、

買ってはみたものの、すっかり着なくなってしまったセーターやカーディガン、

そんな持て余し気味のニット、どなたでも1枚はお持ちのことと思います。

処分してしまう前に、ちょこっとリメイクして楽しみませんか?



私は、こんなチュニックセーターから、上のルームシューズにリメイクしました。

セーターやカーディガンはもちろん、マフラーやフリースニットなどでもOK。

無地でも編込み柄でも模様編みでも、またわざと裏面を使っても面白い作品になります。

※極端に厚手のものや目の粗いニットはできるだけ避けてください。

シューズの内側は、軽くて暖かなフリース地を使用。



底面は綿ジャージーにフェルト芯を貼っているので、柔らかく履いたまま正座もできます。



もちろん、おうちでお洗濯もできます。意外と早く乾きます。


ミシンを使わずに、全てチクチクと手ぬいで製作しますので、ミシンの苦手な方でも大丈夫。

楽しくおしゃべりしながら、リメイクしてみませんか。


【ワークショップのの詳細】

日時:11月月19日(土) 10:00~13:00

場所:本のオアシス石堂書店2階 (東急東横線妙蓮寺駅下車徒歩2分)

参加費:1,500円 材料費込み(裏布・接着芯など)

定員:10名様

持ち物:お手持ちのセーターやカーディガンなど1枚。

   紙切りばさみ、裁縫道具(裁ちばさみ、糸切りばさみ、縫い針、まち針など)

お申込みは、石堂書店 TEL:045-401-9596 まで

人気のワークショップですので、お早めにお申込みください。

皆様のお申込みをお待ちしております。


横浜・大口の洋服お直しアトリエ&教室 チカラ・ボタン
  


Posted by ボタン at 17:51Comments(0)リメイク教室